スペイン旅行記 前編

TOP0001

銀座制作室の都井です

先々月のことでもう結構時間が経ってしまいましたが、
新婚旅行でスペインのバルセロナとマドリードに行ってきました!

とりあえず前編として建築編お送りします。

まずは前編の建築について色々書いていきたいと思います。
初日に向かったのはスペインで最も有名とされる建築『サクラダファミリア』です
(最近では137年たち建築許可が下りたのが話題になりました)

IMG_2293

なんとなく写真でしか見たことがなかったので、
とにかく細かいデザインだなーくらいにしか思っていなかったんですが
実際に見るサクラダファミリアの最初の印象は「有機的」ということ。

細かい彫刻一つ一つが草や木、動物や人などのモチーフで
構成されていて、近くで見ることで自分の中で印象がまた変わりました。
モチーフやファサードのストーリーに関してはなかなか説明すると長くなるので
気になる方は調べてください。。

sakurada_01

外観も有名ですが息を飲む美しさを感じたのは
内観のステンドグラスを施した窓やそこから漏れる光でした。
写真では言い表せないほど幻想的で石も様々な素材な表情を持っていて
どこを見ても発見ばかりの空間でした。

sakurada_03

sakurada_02

翌日にカサ・ミラ(ラ・ペドレラ)とカサ・ビセンスを見にいきました。
CASA(カサ)=住宅の意味でどちらも住宅として作られていた家でしたが
カサ・ミラはサクラダファミリアのように有機的曲線に加えて、
モザイクタイルの表層が繊細に散りばめられてます。
(未だに賃貸されているのが驚き・・・)

kasamira_02

kasamira_01

時間の関係でカサ・ビセンスは外観のみの見学になりましたが、
サクラダファミリアとカサミラとは違って色合いも鮮やかで切りっぱなしのような
表情がポップな印象の建築物です。タイルがかわいい。

IMG_2561+

バルセロナには多くのパトロンを持っていたガウディの作品があり、
自然からインスピレーションを受けて設計された多くの作品を感じることができます。

バルセロナにきた際には是非、
サクラダファミリアとカサミラは必ず見て欲しい欲しいガウディ作品です!
(グエル公園はめっちゃ工事してました・・・笑)

次回は食べ物編をお送りします
たぶん。。

カテゴリー: Blog パーマリンク

News&Blog一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です